NEWS

ニュース

浮世絵に描かれる
「日本の食」をテーマにした展覧会
「おいしい浮世絵展 ~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~ 」
2020年4月17日(金)~開催決定!! 

2019.8.16(金)

東京オリンピックを来年に控え、日本の文化に対する国内外から関心が高まる中、その前身であり日本独自の文化が花開いた江戸にも今多くの注目が集まっています。その江戸の文化を、類まれな表現力と技術で生き生きと描き残し、今に伝え、世界中から高い評価を得ているのが「浮世絵」です。

この浮世絵の世界には、江戸の風俗史として「日本の食」が度々描かれてきました。「和食」が無形文化遺産へ登録され注目を集める昨今の流れも受け、「浮世絵」と「食」を掛け合わせたオリジナル展覧会『おいしい浮世絵展 ~北斎 広重 国芳が描いた江戸の味わい~』を2020年4月より六本木ヒルズ森アーツセンターギャラリーにて開催致します。

本展では、描かれた食のシーンを追いながら、食を描いた浮世絵そのものの魅力と、現代のくらしにもつながる江戸の食文化を紐解くと同時に、実際に当時どのような料理法が存在したのかについても、再現料理の写真やレシピの解説を通じてご紹介いたします。

会期
2020年4月17日(金)~6月7日(日)
休館日:未定
開館時間
10:00~20:00
※火曜日のみ17:00まで
いずれも入館は閉館の30分前まで
※上記は予定となりますので変更の可能性があります。
主催
博報堂DYメディアパートナーズ、産経新聞社、TBS、森アーツセンター
後援
BS-TBS、JAPAN Forward
企画協力
林綾野(アートキッチン)
特別協力
味の素食の文化センター
協力
全国鰻蒲焼商組合連合会
お問い合わせ
03-5777-8600(ハローダイヤル)
公式サイト
https://oishii-ukiyoe.jp/
  • シェアする
  • ツイートする
  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る

月別アーカイブ

カテゴリー