展覧会

おいしい浮世絵展~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~

2020.4.17(金)~ 6.7(日)

東京オリンピックを控えた本年、日本の文化に対する国内外から関心が高まる中、日本独自の文化が花開いた江戸時代に多くの注目が集まっています。その江戸の文化を、類まれな表現力と技術で生き生きと描き残し、今に伝え、世界中から高い評価を得ているのが「浮世絵」です。
この浮世絵の世界には、江戸の風俗史として「日本の食」が度々描かれてきました。「和食」が無形文化遺産へ登録され注目を集める昨今の流れも受け、「浮世絵」と「食」を掛け合わせたオリジナル展覧会『おいしい浮世絵展 ~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~』を2020年4月17日より六本木ヒルズ 森アーツセンターギャラリーにて開催いたします。
本展では、浮世絵そのものの魅力を伝えるだけではなく、描かれた食のシーンを追いながら、当時の料理を再現しそのレシピを解説することで、現代のくらしにもつながる江戸の食文化を紐解き、江戸時代ならではの料理方法もご紹介します。

 展覧会公式サイトはこちら 

開催概要
基本情報
  • シェアする
  • ツイートする
  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る